スポンサーリンク

【ザ・スコッチ】バランタインシリーズ飲み比べ~12年vs17年vs21年~【ISC金賞】

f:id:brooklynlifehack:20220101002842p:plain

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

ということで、スコッチウイスキーの象徴とも言われるバランタインシリーズの飲み比べをしていきたいと思います。

 

今のところ手元にある12年・17年・21年です。

本当は30年も欲しいんですが、まだ手が出ない。宮中晩さん会にも使われるウイスキーなのでいつかは飲みたいですね。

 

17年の別名は「ザ・スコッチ」「スコッチの象徴」と「ISC金賞多数」の実績を持ちます。

21年は「ISC2020金賞」を受賞しているまさに、スコッチの顔ですね。

 

ストレート

それではストレートで飲んでみます。

 

バランタイン12年

香り:森林系で、はちみつとバニラがほんのり

味:甘さ中心だがほんのり酸味とビターさもある。万人受けするバランス型。

 

後味は酸味とわずかにスモーキーな感じが伸びていく。

 

バランタイン17年

香り:はちみつとバニラが中心で、香りは12年よりもはっきりしている。12年は薄い香りだが、こっちははっきりしている。

味:甘さが中心。最初に甘さがしっかりくる。そのあとほんのり酸味とビターさが来て、上品なビターなバニラ感やナッツ感で終わる。バニラやナッツの中にほんのりスパイシーさとベリー系な味わいもある。12年と比較しても、味わいがはっきりして、まろやかで酒のように感じなくなる。

 

全体的に、はかなげな繊細さがありますね。その繊細な味わいが、最高のタイミングでまとまっている。この絶妙なバランス感覚がすごい。

 

バランタイン21年

香り:はちみつ系の匂いが特に強くなる。そこにフルーティーな香りも。ハチミツと合わさってか南国系フルーツのような感じもする。

味:なめらかで甘い。酸味やビターさは17年よりも薄く全体的にあまくてまろやか。たまにスパイシーさもある。後味はスペイサイド系のようなフルーティーな感じが甘さと共に少し顔を出して上品に余韻を残す。

 

飲みやすい。甘くてさわやか。ストレートでここまで嫌味なく飲みやすいのはすごい。ただし、甘さが中心になるので、最強のバランス型である17年とは少し方向性が違う。

12年は、17年21年と比べてしまうとさすがに味わいが薄い。

以下、ロックとハイボールを後日追記予定。

 

【包装不可】 バランタイン 21年 40度 箱付 700ml 並行

価格:8,800円
(2022/1/1 00:57時点)
感想(183件)

【箱入 正規品】バランタイン 17年 ブレンデット スコッチ ウイスキー オフィシャルボトル 正規代理店輸入品 バランタイン社 700ml 40% ハードリカー

価格:4,785円
(2022/1/1 00:57時点)
感想(38件)

バランタイン 12年 40度 箱なし 700ml 正規 shibazaki_BLFBFM shibazaki_BF12

価格:1,925円
(2022/1/1 00:57時点)
感想(200件)

スポンサーリンク