スポンサーリンク

アガベ 吉祥冠錦 と スーパークラウン

食べることが好きな私。このブログ、その日その時に思うことを徒然と書く雑記ブログでして、お手軽なグルメ記事ばかりを取り上げておりますが、最近は、多肉植物、特にアガベから検索して遊びに来て下さる方も沢山いらっしゃるので、今日は感謝の気持ちを込めて久々に書きますよ~ww (ナンバーワンの記事も途中なのに……更新が止まっていてゴメンナサイm(__)m) 

brooklynlifehack.hatenablog.com

どうやら吉祥冠錦とスーパークラウンの違いでググって下さる方が多いようなので、今回は、この吉祥冠錦とスーパークラウンについてです。私がアガベを始めたきっかけとなった大好きな品種でもあります。吉祥冠系ってとても育てやすくて丈夫でいいですよね~(*´Д`)

f:id:brooklynlifehack:20210816173043j:plain

とはいえ、私もまだまだアガベを始めたばかりなので、自分なりに調べたものを皆さんとシェアしてアガベライフを楽しもうということに重点をおいていますので、間違い等あるかもしれませんが何卒ご容赦くださいね(^-^;

それでは、本題の吉祥冠錦とスーパークラウンについてです。

f:id:brooklynlifehack:20210816172819j:plain

左がスーパークラウン、右が吉祥冠錦(白覆輪とか、白斑・外斑などともよばれているもの)です。違いは一目瞭然ですよね。単刀直入に結論からいれば、斑入りの部分の多いのがスーパークラウンという理解です。

そもそもの「吉祥冠」とは何ぞやでありますが、これはポタトラムの1つとされていて、日本の園芸過程で発生したものといわれています。より正確には実生したポタトラムの中から選抜したものとも言われており、日本で生まれただけあって、日本の環境にもとても順応しているため、丈夫で育てやすいのです。

f:id:brooklynlifehack:20210817163733j:plain

◇ アガベ ◇ 吉祥冠 ◇3.5寸鉢◇

価格:1,782円
(2021/8/17 19:15時点)
感想(1件)

吉祥冠錦は、この吉祥冠の斑入り種であります。こちらも日本にはかなり昔からある古典的な斑入りアガベで代表格といえます。成長速度はそれほど早くないですが、斑入り種なのに、安定して成長し、大変育てやすく強健なアガベだと思います。

吉祥冠錦のなかで最もスタンダードなのが、この白覆輪とか、白斑とか外斑などと呼ばれているものです。こちらは、一説には今は亡き長野の臼田清花園さんによって作出されたのではと聞いたことがあります。

f:id:brooklynlifehack:20210816174750j:plain

観葉植物/アガベ:吉祥冠錦(きっしょうかんにしき)3.5号鉢植え

価格:4,430円
(2021/8/17 19:14時点)
感想(3件)

次に、アガベ・スーパークラウンです。スーパークラウンの出自についてはよくは分からないのですが、白覆輪の吉祥冠錦から選抜された個体なのではいわれています(別種であるとする説もあるようです)。

吉祥冠錦は、季節によっては斑が少々黄色っぽくなりますが、通常は白色の斑なのに対し、スーパークラウンは黄色っぽい斑が入るため黄覆輪とも呼ばれています。まあでもこの辺はアガベの中でも結構いろいろあって、黄斑なのに白斑と呼んだりする品種もあったりなんかして正確に何か定まっているわけではないと思います。

f:id:brooklynlifehack:20210816174500j:plain

観葉植物/[送料無料]アガベ:スーパークラウン 3号鉢植え

価格:5,247円
(2021/8/17 19:17時点)
感想(0件)

なお、デザートダイアモンドなる品種もありますが、これはスーパークラウンにものすごく似ていています。私はダブルネームで、同じものじゃないかなーって思っていますが、よく分かりませんm(__)m

スーパークラウンの斑の入り方はやや不安定でバラつきがあります。

f:id:brooklynlifehack:20210817170436j:plain

大きく斑が入った葉があったり、逆にほとんど斑が入ってなかったり…。すべてが斑になってしまうと緑色の部分の葉緑素がないわけで光合成ができず枯れてしまいますが、株の半分だけが全斑になるハーフムーンなどと名付けられている変わり斑の株もあります。この辺を、斑入りの変化と捉えるか、単なる個体差に過ぎないと捉えるかは、個人的な評価の問題だと思います。

アガベは、ほかの多肉植物に比べても、やたらその個体の(多少の)差異(個体差)を大きく捉えて、様々な名前を付けたり、変えたりして、あたかも同じ品種でも価値が全く異なるようなコマーシャルな手法がとられがちな感じもします。確かに、笹の雪などはできるだけ短い葉で濃白なペンキがのったものが好まれたりしますし(名峰富士などと呼ばれているものは確かに綺麗ですよね(*´Д`))、現に私もその方が観賞価値は高いようにも思いますが、その分、めちゃくちゃお高いという……_| ̄|○ガックシ 

f:id:brooklynlifehack:20210817172752j:plain

大切なのは、自分が良いと思ったものを、大事に愛でて育てながら、成長を楽しむというところにあるように思われます。あっ、あと、よい株をどれだけリーズナブルに入手できるかという見極めが楽しいのです(^^)

吉祥冠系は斑入りも含めてバリエーションがたくさんありますので、収集する楽しみがあります。↓は、外斑ではなく、中斑の吉祥冠錦です。

f:id:brooklynlifehack:20210817173459j:plain

あ、あと最後に、吉祥冠錦(白斑)系に似たもので、もう少し淡いというか、あっさりとした斑入り種の鳳凰と呼ばれるものや海外から入ってきたトレードウインズという品種も有名です。確か、トレードウインズは、偽鳳凰とも呼ばれているって聞いたことがあります。葉の縁が少々ピンク色に紅葉するのが……あれ、どっちだったけ??いまだにこの二つの見分け方もよく分かりません(^-^; どなたかご存じの方はご教示いただけますと嬉しいですm(__)m

なんだかだいぶ脱線してきてしまったので今日はこの辺にしておきましょう。

 

今、一番欲しい本はこちら。もう皆さん入手されましたか??

多肉植物 アガベ【電子書籍】[ 鶴岡秀明 ]

価格:1,650円
(2021/8/17 19:21時点)
感想(0件)

 

スポンサーリンク